恋する華流

中国歴史ドラマのご紹介

司马懿が主人公の本格派三国志 「三国志〜司马懿 軍師連盟〜」

三国志〜司马懿 軍師連盟〜」

 原題:

第一部《大军师司马懿之军师联盟》2017年 全42話

第二部《虎啸龙吟》2017年 全44話

 

f:id:karen88a:20200618131605j:plain

 

Huluで配信中!

 

<ぽいんと>

大河ドラマ

#時代劇

三国志

#司马懿が主人公

#司马家のお話

#アクション

#オススメ度:☆☆☆☆☆

 

<あらすじ>

第一部:

後漢末(2世紀末、日本は弥生時代)、司马懿(スー マーイ)の父 司馬防(スー マーファン)が曹操暗殺計画の嫌疑をかけられ投獄されるが、持ち前の知略で父を助けるところから物語が始まる。やがて、曹操(ツァオ ツァオ)の長男 曹丕(ツァオ ピー)に仕えるようになり、政治の中枢で活躍し始め、同時に曹家の跡目争いに巻き込まれる。曹丕が無事に皇帝となっても、常に疑いをかけられながら宮廷に仕えるが…。

第二部:

平民となり故郷の温県に戻っていた司马懿は、死の床に伏した曹丕に呼び戻される。次期皇帝を曹叡(ツァオ ルイ)と決め、彼の補佐となるよう命じられる。曹丕亡き後、再び曹家と宮廷での争いを繰り広げながら、同時に将軍として出陣し、数々の戦いを繰り広げる…。

 

<みどころ>

おなじみの壮大な三国志の物語が、司马懿を軸に丁寧に描かれています。どのシーンもすばらしく、物語の終盤で、どうして司马懿が最後に反旗を翻す心境になったのかも納得のいく描かれ方です。なにより、役者が皆すばらしい!

主人公 司马懿を演じるのは吴秀波(ウー シューポー)、私は中村勘三郎さんを想起しました。小気味良い演技が秀逸です。妻役の张春华(ジャン チュンファ)は、「ミーユエ 王朝を照らす月」でも好演している刘涛リュウ タオ)が演じています。夫婦の会話もドラマの見どころです。もう一人の妻で曹丕(ツァオ ピー)から派遣されたスパイ、柏灵筠(バイ リンユン)は台湾の女優 张钧甯(ジャン ジュンニン)が演じています。彼女は「武則天」「海上牧雲記」「如懿伝」などにも出演しています。知的な雰囲気のある素敵な女優さんですね。そして、曹丕を演じているのは李晨(リー チェン)。彼も「武則天」にも出演していて、主演の范冰冰(ファン ビンビン)の元婚約者。凛々しい皇帝を好演しています。

 

三国志ならではの数々の戦闘シーンも魅力です。スタントなしで、俳優たちが体を張って出演しています。特に第二部では諸葛亮孔明が出てきて、司马懿と知恵比べ合戦を繰り広げます。孔明が発明した武器も見どころです。この時代の戦闘技術がほんとに高度ですごい!(ちなみに日本は弥生時代…汗)特に、油を使った攻撃は、日本の戦国時代にも見ることはないです。

 

音楽は、日本のS.E.N.S. Project. が担当。『宇宙戦艦ヤマト2202』や数々の映画、ドラマの音楽を担当しています。

このドラマは中国国内で大反響を呼び、数々の賞を受賞しています。